Profile
ブログ以前のメッセージ(2006年10月8日以前) 18  17  16  15  14  13  12  11  10                 
←応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ←できればこちらも
■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
<<前月 2023年02月 次月>>
■最近の記事■
■最近のコメント■
■分類■
■すべての記事■
■HPコンテンツ■
■使用ソフト■
BLOGN(ぶろぐん)
■その他■
 

あと3日
今年も、今日を入れてあと3日。あっという間の1年だった。本当は「あっ」という間に1年が終わるはずはないのだ。1年どころか1日だって終わらないのである。その証拠に、試してみればわかる。「あっ!」。まだ、12月29日なのである。

なぜ1年が「あっ!」と言う間だ感じるのかというと、過去は自分の脳みそに刻印されるだからである。「あっ!」と言う間をせめて「あいうえお」とか「色は匂へど 散りぬるを我が世誰ぞ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢みじ 酔ひもせず」くらいにするにはどうしたらよいのかと寝ずに考えたら、一つ結論を得た。

私には、実は自分の行動を記録すると言う習慣がまったくない。例えば、朝、昼、晩に何を食べたかとか、どんな仕事をしたとか、お金をいくら使ったとか、誰と会ったとか、誰と飲んだとかを手帳や日誌に書き付けておけばよいだろうが(いろいろ便利である)、そういうことをまったくしない。ブログには時々書くが、さしさわりのあることも多い。書かれて困る人もたくさんいるかも知れない。「あいつは、昨日吉田と飲んだな!」と思われるのも嫌だろう。

1年を長く感じるためには、記録を取るようにすればよい。あとで記録を見て、自分が1年何をしたのかをゆっくり見ることにする。ただ、ものぐさの私にはそれは相当難しいことである。だから、とりあえずこの3日間だけ実効してみる。「3日だけ実効してみる」と言うのは、どうせ3日坊主だとあきらめているからだ。それでも最後の3日だけは少し長めに感じることにある。

| 日常 | 08:08 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
コメントはありません。
| | URL | | | |











 
PAGE TOP ↑