Profile
ブログ以前のメッセージ(2006年10月8日以前) 18  17  16  15  14  13  12  11  10                 
←応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ←できればこちらも
■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
<<前月 2023年02月 次月>>
■最近の記事■
■最近のコメント■
■分類■
■すべての記事■
■HPコンテンツ■
■使用ソフト■
BLOGN(ぶろぐん)
■その他■
 

DTM(その2)
九州でお会いした元高校音楽教師のT先生。次のようなお話をうかがった。

若い頃に交通事故に遭い、その影響で年を追うごとに体が動かなくなっていった。定年の4、5年前には車椅子生活となり、ピアノも弾けなくなった。しかし、新しい表現手段としてパソコンがある。パソコンを使って、定年まで教師生活を全うすることができた。

先生は言われる。
「パソコンによって、音楽生命が救われた」
そして、定年後は地域の人々にパソコンミュージックの指導をされている。

今回、地域の公民館で指導されているところにおじゃまをした。簡単な旋律に伴奏をつける課題の指導をされていた。会場にはあたたかい空気があふれていた。

私は、音楽に関しては冷静なのである。音楽に関わる場面で泣いたことはない。しかし、今回はあぶなかった。みなさんの前で先生から感想を求められた時には、この会場のあたたかさに思わず涙があふれそうになった。何とか踏みとどまったが、危ないところだった。
かわりにいっしょに行った学生が泣いてくれた。

| 教育+音楽 | 07:07 AM | comments (0) |
にほんブログ村 教育ブログへ
コメントはありません。
| | URL | | | |











 
PAGE TOP ↑